最近ネトゲでFF14をプレイしているのですが、キーが足りねぇ・・・と思うことが多いので
ゲーミングボードのlogicool G13を買いました。
定価は12000ほどだったかな?で、JoshinのWebで7500ほどで売ってて
アマゾンならそれくらいより少し安い値段なのですが
Joshinのポイントが2000ほどあったので値引きして5000円ほどで買いました。うまい。

購入してから商品取り寄せ→発送
という感じで、このご時世だし数日で
くるでしょとか思ってたら
一週間ほど取り寄せまで待たされました(^ω^)
まぁ急いで欲しいものではなかったので別によかったけれども。

で、家に届いてまず思ったのがデカイ。
縦におもらし湯のみ3個分もある大きさですよこれ



本体もなかなかでかくて
机の配置みたらわかるとおもうんですけど
なかなかに場所をとります。

理想としては
G13→キーボード→マウスと横一列に置きたかったけど
無理なのであきらめ。

ペンタブは撮影用に置いただけなので
いつもは机にないです。
PCケースの上に大事に祀ってあります。





G1~15ボタンと用意されたキーの設定を瞬時に変えれるM1~3ボタンとあって
つまり45個のキー設定が使えるというこの仕様はめちゃ強いと思いました

また、Gシリーズの凄く良い点がプロファイルをexeファイルごとに設定できるというところで
あらかじめ設定をしておけば
その設定したプロファイルのゲームをアクティブにしたときに自動で作った設定に切り替わってくれるところが
本当に便利です。
例えば、ブラウザを見てる時に
M1キーにAlt+←を設定しているとして
ブラウザからウィンドウをゲームに切り替えたときに
M1キーを押したらF1キーとして働くといったように
キーの設定を変える必要のないのです。

他社のデバイスでも同じ機能があるかもしれないけど
調べてたりはしてないです

実際に使ってみた感想は
自分の手が手首から中指の先まで大体17cmで
そのサイズだと不自由なく全てのキーに届くので
使いにくいと感じることはなかったです。
でもジョイスティックを使いながらM1あたりの一番遠いところを押すのは
少しキツイです

それとこのG13を買おうと思ったの理由の一つが
本体上部にあるLCDで
この画面にCPU、メモリ使用率などを
表示させることができるのです。

デフォルトのアプリにRSSリーダーも搭載されているので
暇な時横見するのもありだったり。



対応してるゲームならそろゲームのステイタスなどが表示されたりするのが便利です。

↓の画像はLoLをプレイしてるときで、
トータルゴールドや、ミニオンキルが出て
画面を切り替えると自分のアマペネあたりの情報とかも出てきます



FF14の情報とかも出せるようにしてくれたらいいのに
今のところ非対応という・・・
頑張れば開発もできなくないんだろうけど
日本人でLCDアプリの開発をしてる人もあまりいないのでうーんって感じぽいです

対して出来ることなくね?
って感じだけどこのディスプレイにはロマンというかギーク感があってなんかいいです。すき。

まだまだ使い始めなのでキーの配置を設定したり
覚えたりするのが大変だけど
慣れてきたらかなり強いデバイスって感じはしました。

ゲームだけでなく絵を書くとき人ならそのときにも使えるだろうし
買って損はないと思います。

マジお勧めです。
ねむい。
関連記事

一年も終わる。

広告の対策。

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。